トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

野宿(藤沢にて)

昨日、前の会社の同期の家で、男2人で酒を飲みました。

同期が焼きそばと豚キムチを作ってくれて、ビールとウォッカと梅酒をグイグイと。

話題は景気の話、異動の話、昇格の話、将来の話、結婚の話、選挙の話。

この同期は僕より2歳年上。そして、僕が20歳のときにタイを旅したときに出会って、いろいろとお世話になった人に雰囲気がなんとなく似ている。

採用試験の最終面接でたまたま一緒になり、ライバルにも関わらず“こいつと一緒にこの会社に入れたら良いな”と思っていました。

そしたら、本当に一緒に入社してしまって、配属後のフロアも同じ6階に。

入社する確率が当時だいたい13/3000くらいだったと思うから、この出会いはすごい偶然なんだなと思います。

お互い酒を飲んで語り合うのが好きなので、ときどき会社帰りに飲みに行ったりしていました。

僕が引っ越しをした時に手伝いにきてくれて助かったこともあります。

会社の“同期”ではあるけれども“友達”に近い存在でした。

そして、僕はもう会社を辞めてしまったから、今は単純に“友達”と言える関係になれました。

会社の同期、先輩、後輩、上司との関係というものは、会社を辞める時や辞めた後になって色々な意味で良く分ってくるような気がするのですが、この“友達”とは本当に出会えて良かったと思うし、これからも友達でいられたらなと思います。

その帰り道、乗っていた電車が置き石(線路の上に大きな石を置いて、列車運行を妨害する行為)で遅れてしまい、終電への乗り換えができませんでした。

駅員さん(バイトくん)には「とりあえず改札から出ていただくしかありませんね。」と冷たくあしらわれました。

クレームをつけてタクシー代を請求するのも大人げないので黙って改札を出て、藤沢駅の駅前広場で始発の時間まで野宿。

冷たい風に“そろそろ秋だなぁ”と感じながら駅前キャンプを楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

円と縁。そして緑。(鎌倉にて)

日本の夏も終わりに近づいてきました。

Midori02

Sora

そんな今日、鎌倉に行ってきました。

まだまだセミの声も聞こえるし、Tシャツ・ハーパンで歩いても問題ない気温。

Hikari

メインイベントは長谷寺で写経。

Hase

色々考えすぎてしまうときは、無心になれる何かが必要だと思います。

僕にとっては写経がその一つ。

正確には僕は写経ではなくて写仏をしました。

お堂に入って、お線香をあげて、半紙に薄~く印刷された仏画を筆でなぞる。約2時間。

雑念が浮かんでは消えて、ときどき無心になれる。そして眠くなるsleepysweat02

所々に“円”や“直線”が出てくるのですが、これらが奇麗に描けるかそうでないかで、その時の自分の心が少し分ります。

雑念があると“円”がゆがみ、無心になっていれば奇麗な“円”が描ける。

写経を終えてスッキリした気持になって鶴岡八幡宮へ。

Kamakura

Hasu

八幡宮について、ふと携帯を見るとメールが。

僕がかなり興味を持っていた会社からの連絡でした。

結果は・・・・

・・・・・・残念shock

ガッカリしましたが、“きっと自分には他にやるべきことがあるのだろう”と自分を納得させて辛さをグッとこらえました。

“縁”がなかったんですね。今の自分には雑念が多いのかな・・・。

そんなこんなでしたが、鎌倉の緑とお寺の静寂さに癒された一日でした。

Midori01_2

Ojizosama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

頑張れハーリー!!

何事も勉強pencil

楽しいことでも辛いことでも、将来きっとその経験が役に立つときがくるよhappy01

ってか、是非明日からの経験を将来役立ててもらいたいと思ってますcancer

始める前から不安がってもしょうがないし、行ってみなきゃ何にも分らないんだから、「右も左も分りませんが、とにかくアタシ一生懸命がんばりますっhappy02sign03」みたいな感じでやるしかないかもね。

ハーリーは一生懸命になってるときは、誰が見ても「あ、今この子は一生懸命なんだなeye」ってすぐ分かるから、きっとすぐに仲間として認めてもらえるよ。

ただ、その分、一生懸命やってないときはそれもすぐに他の人にバレちゃうけどねsmile

俺は一生懸命やってるふりしてテキトーにやってる事が多いから、ハーリーのそんなところが羨ましいと思うよ。先輩から可愛がられるタイプって感じで。

初めは気合いrockを入れて、慣れてきたら肩の力を抜いてspa、楽しく過ごせると良いね。

しばらくお互い一人で修行。

あぁ、ハーリーに先越されちゃったから俺も負けてられないなdespair

以上、明日から南の国・粟国島で働くハーリーへmail

Hana

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

久々スーツ

今週からちょっと本気で就活を始めてみましたmemopencil

転職サイトで興味を持った旅行関係の会社数社に応募したのですが、そこそこ手ごたえ有りですgood

応募早々に2社から返信が来て、1社からは正式に履歴書送付の案内、もう1社は面接の案内が来ました。まぁスタートしたばかりなのでまだこの先は分りませんが、とりあえず僕みたいな人間にも興味を持つ企業があるのだなぁということは分りました。

今日は履歴書用の写真を撮るため髪を黒く染めて、久々にスーツを着ましたが、やっぱり似合わないし、なんだか自分らしくないような気がしました・・・gawk

今一番やりたい仕事はたぶん転職サイトに載ってるような企業ではないし、インターネットだけでちょこちょこ就活してないで、足を使って探さないといけないのかな。

バイトでも良いから南に行ってみようかなship

camera自分の写真を載せるのもどうかと思いますが・・・なんとなく・・・Burog_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

大先輩からのアドバイス(新宿にて)

昨日は夕方5時から終電まで飲んでました。

学生時代のバイト先の社長夫婦とOB・OGと。

有限会社で、大きい会社とは言えないけれどもとても良い会社です。

バブル崩壊の頃に、社長夫婦と数人でベンチャーで立ち上げて、着実に実績をあげて、不況と言われているこのご時世の中でもしっかりと力強く生き続けています。

しかも、自分たちの仕事に自信とプライドがある。

取引先(仕事の発注側)に対してもヘコヘコせずハッキリと自己主張する。取引先の担当者が無茶苦茶なことを言ってこようものなら、その担当者の上司に対してハッキリと文句を言う。

それは社員・スタッフを守るということにも繋がっているのだとも思います。

就職直前の飲み会以来の再会でした。約2年半ぶり。

僕が帰国してすぐ、成田で携帯のメールを確認するとジャストタイミングで飲み会のお誘いメールが届いていました。

“無職の状態であまり人に会いたくないな”という気持ちもあったのですが、驚くべきタイミングでお誘いをいただいたという偶然、これを大切にしなければと思い参加することにしました。

社長の奥さんは開口一番「良かったね!!」。

何が良かったのかというと、“会社辞めて良かったね”という意味です。

“会社が合わないならすぐ辞める”、“合わないと分かっているのに我慢して続けたら本人にとっても会社にとっても良いことではない”、“会社も結婚も同じ”。

そういった考え方なわけです。

ちなみに僕も同感。

「早川くん(僕の苗字)は、学生時代好き勝手に自由にやってたから、○○○会社(僕の勤めていた会社)みたいにカッチリした会社で枠にはめられたら絶対嫌になると思ってた。」とも言われました。

社長には「早川は、一見すごく真面目そうに見えるけど、結構テキトーだよな。」と言われました。

“やっぱりバレてたか・・・”

社長も奥さんも色々な経験をして色々な苦労をして、自分達の会社を作って成功している。

だからこそ僕もこの人達の言葉はすんなり受け入れられる。

僕が今考えている将来のビジョンを話すと、たくさんアドバイスをくれました。

「もっと旅に出なさい。それで、自分がやりたいと思っている仕事の先輩にいっぱい会いなさい。いっぱい出会って、いっぱい話を聞いて、一番良いと思うやり方を見つければきっと成功するよ。3ヵ月の旅なんかじゃ足りないよ。」

実際そうするかどうかは僕次第。そうできるかどうかは僕次第。

でも、ハッキリと、しかも周りの人が誰も言わないようなアドバイスをもらって少しスッキリした気持ちになれました。

久々の金曜日の終電はやっぱり辛かったですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

人生の交差点 マクドナルド

「よぉ、久しぶり。どうしてるかなぁと思って。」

昨日の夜、幼なじみからの突然電話。

物心が付く前からの友達。僕らがまだ動物的な感覚でハイハイしながら生きていた頃からの友達。きっと家族の次に長い付き合い。

幼稚園、小学校が一緒でしたが、同じクラスになったのは小学校5・6年生のわずか2年間だけ、その先、中学校以降は2人とも似たような道を進んではいたものの全く別の学校に通い、全く別の会社に就職しました。

そんな幼なじみからの電話。

「お前、会社辞めて沖縄にいるんだろ?」

「いや、辞めたあと旅に出てて、これから沖縄行く準備してるところだよ。」

「実は俺も一昨日会社辞めちまってさぁ。それで今日初めて親父にそのこと話したんだけど、すげぇ怒鳴られて家にいるのが気まずくて。今マックにいるんだよ。」

“お前もか!”と思いました。

ただ、しょっちゅう会う仲というわけでもなく、どちらかと言うと時々どうしてるかなと思って連絡したり、偶然駅で遭遇したりというような仲だったので、久々の連絡でこんな話だとは思いもしませんでした。

そして、高校生のようにチャリンコでマックまで行き、翌朝8時までグダグダと語り合いました。

辞めた理由はいろいろあるようですが、なんとなく僕と似ているような気がしました。

お互いそれなりの企業に入り、その先の人生がだいたい見えてしまった。

見えてしまったこれからの人生が自分にとって幸福とは思えない。

きっと経済的、世間体的には幸福の部類に入るが、自分にとって大切なものはそんなことではない。

就職活動中に“安定”を得るために押し殺してしまった心の声。

もっと直接的に人のためになるような、人の心に触れるような仕事がしたい。

もっと外に出て仕事をしたい。

友達は小学校の先生を目指して既に走り始めています。

人生を一緒にスタートした仲間が、人生の転機も一緒にスタートしたという偶然を不思議に思うとと共に、嬉しくも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

夢追い虫(有楽町にて)

「何かを追いかけてると毎日が楽しくなるよね。」

昨日、大学時代の友人2人と有楽町にご飯を食べに行ったのですが、その帰り道に友人が言った一言です。

僕は少し酔っていたbottleのでハッキリとは覚えていないのですが、たしかそんな感じの言葉だったと思います。

何気なく言った一言のようですが、すごく良い言葉だなぁと思いましたcat

アパレルの販売員をしていて、今は“来年から学校に通って、看護師になりたい”と思って、人生を変えようとしている友人。

リース会社から別の会社に転職して、今は“会計の資格を取って自分を成長させたい”と日々働きながらも資格の勉強に励んでいる友人。

2人とも“何か”を追いかけている。

その“何か”は、もしかすると“夢”という言葉に置き換えられるのかもしれません。

日常の中においても前向きに生きる2人の友人を見て、とても良い気持ちになりました。

友達は宝物ですね。

さあ、僕も夢に向かって頑張ろうrock

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

ブログ始めました。(はじまりのごあいさつ)

はじめましてdog

なおちです。

5月から始めた旅ブログを終えて、新たにこのブログを始めました。

これからオシゴトにありつけるまでの気持ちの移り変わりや日々の出来事を書いていきたいと思います。(ときどき趣味の写真も載せるかもしれません。)

pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil  

2009年8月11日、約3ヵ月の東南アジア2人旅を終えて帰国airplane

(詳細はこちら→『なおちとハーリーのココ旅』)

働かざる者食うべからず・・・。

誰が言ったのか知りませんが、本当にその通りです・・・sweat02

僕は自由に生きていきたい。社会のしくみに囚われて、心を無くして生きていきたくなんてない。

でも、どんなに自由になりたくても、僕が日本人であるという事実は変えようがなく、この先も基本的には日本の社会の中で生きていかなければならないという事実もなかなか変えようがない。外国に住むようなことがあったとしても、きっと日本の社会から100%抜け出せるなんてことはない。

“自由”という言葉をむやみやたらに使って、結局自立できなかったらそれは自由ではない。

“生きる”ということはそうゆうことなのだと思います。

ここから僕は再スタートrun

過去の自分を土台として、“今の自分”を生きる。

社会だろうが何だろうがブチ破れるものはブチ破っていきたい。

社会から抜け出せないのなら、社会と闘って生きていこう。

それぐらいの気持ちでこの先生きていきたいと考えています。

自分はそんなに強い人間ではありませんが、“気持ち”が大事。

とりあえずは、日本に帰ってきてからのこのプラプラ生活から抜け出さねば。

自分の居るべきところがきっとある。

というわけで、このブログはこんな感じのブログですpencil

ご興味ある方は今後ともよろしくお願い致しますcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年9月 »