« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月12日 (月)

プラプラなおちの最終回

こんばんわ。

今朝、無事に大阪に到着致しました。

Dscf8064_2

Dscf8061

シェアハウスの部屋の契約も無事完了。

昨日送った荷物も無事到着。もちろん中身の割れ物も無事でした。

窓なし部屋なので、壁にたくさん写真を貼り貼りして、窓のある雰囲気を演出。

Dscf8071

Dscf8073

Dscf8076

ちなみに、約6畳、水光熱費・インターネット接続費込み、ベッド・机・洋服掛け付きで月額3万5千円!!激安です。敷金・礼金・補償金ゼロ。

駅までは徒歩15分ですが、チャリンコを買えば問題なし。

ってか、会社はチャリ通勤ってことで交通費が出ないので、チャリ買うしかない!!

友達(明日から同僚)にここを紹介してもらって助かりました。

やっぱり“縁”は大事にすべきですね。

さて、アジア旅行から帰国し、就職するまでを記録してきたこのブログ。

目的の“就職”に至ったということで、今回をもって最終回とすることにしました。

2009年8月11日から今日10月12日まで。

ぴったり2ヵ月間。

本当にいろんなことがありました。

一寸先は分からない。

良いこともあれば悪いことだってある。

それでも人は前に進まなきゃならないんだ。

辛いことがあるから、幸せを幸せと感じられるんだ。

「辛」って漢字と「幸」って漢字、どこか似てると思いません?そんな感じ。

この2ヵ月間があったからこそ、いろんなことを感じることができたし、いろんなことを考えることができた。

この2ヵ月間があったからこそ出会えた人がいる、再会できた人がいる、将来を語り合うことができた人がいる。

人生はゲームだ。

大阪ステージ。

もちろんこれが最後だなんて思ってないし、最後にしたくなんてない。

ただ、“今を大切に”。

今を真剣に過ごさなきゃ次はないんだ!

なおち25歳。頑張ります!!

ブログを見て応援してくれた方々、本当にありがとうございました!!

See you next BLOG・・・・・(なんだかんだ言って、懲りずに続けちゃいますsweat01

http://naoki-oosaka.cocolog-nifty.com/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

いざ大阪!!

現在11日21時8分。

2時間後の夜行バスで大阪へ向かいます。

いざ大阪sign03rock

昨日はRさんと横浜ベイサイドマリーナでお買い物をしました。

Img_0221

そしてクライミングウォールに挑戦する少年を応援しました。

Img_0225

夜には、幼馴染のシンペイとライブバーで飲み、

その後、二人で横浜駅に向かい、大阪で知り合ったドイツ人リンダとその友達の陽気なイタリア男達と酒を酌み交わしました。カラオケでエヴァンゲリオンの歌も歌いました。

Img_0237

今日は昼に荷物を大阪へ送り、夕方、家族4人で焼き肉をガッツリ食べ、ビールを大ジョッキでガンガン飲みました。

Img_0243

さぁ、いざ大阪sign03

再び旅立ちの時だsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

出会いは宝です。

中国の南、タイの北。

ラオス。

そんなラオスで知り合ったタッチャンと横浜で飲んできましたbeer

Dscf8045

Dscf8047_2

↓ラオスで知り合った時はお互いこんなんでした。(ちょっと加工してますcamera

Dscf4937

タッチャンも僕も将来、ゲストハウス(ユースホステル的な安宿)を開くという夢がある。

タッチャンは京都で、僕は横浜か沖縄だ。

旅人が集い、交流し、それぞれの人生に少しずつ影響を与えて、それぞれがまた自分の道を進んでいく。僕は旅人たちの居心地に気を配り、旅人同士の交流をちょっとだけサポートする。ときには僕も一緒にお酒を飲んじゃったりなんかして。

そんな場を作りたいんだ。

僕は今、かな~り遠回りコースを通っているからタッチャンに先を越されそう。

20年後か30年後くらいに、「たつろう師匠!ゲストハウスの開き方を教えてください!!」なんて頼み込んでいるかもしれない。

同じ1984年生まれ。

現在2009年、25歳。

20年後、2029年、45歳。

30年後、2039年、55歳。

どんなオヤジになっていることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を見て思う。

台風一過。

Dscf8035

小さい頃は台風一家だと思っていました。(よくある話ですがcoldsweats01

今年の台風は僕の節目節目にやってきたような気がします。

11号は、僕の長い長い夏に終わりを宣告し、そして大切なものを奪っていった。

その勢いで日本の政治までひっくり返してしまった。

今回は大阪への旅立ち直前に訪れ、「大阪で頑張れよ!」と激励してくれた。

台風というものは気象現象の一つですが、何か大いなる自然の力を感じます。

単に風雨の勢いがとてつもなく強いというだけでなく、生命や時代などのエネルギーの流れをグワングワンにシャッフルし、新たなエネルギーの流れを作っていく。

自分にとって良い流れになることもあれば、悪い流れになることもある。

どちらにしても、その流れに逆らうことができないときもある。

でも生き物はそんな自然の大きな流れと変化の中で生き続けていくのだ。

僕にとっての激動の2009年度。

もう後半戦だ。

来週から大阪での日々が始まります。

Dscf8040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

砂時計

雇われていました。僕。

4日(日曜)深夜、品川発のバスに乗り、大阪へ....ピュ~bus

↓今夜も月がキレイだなぁ。

Dscf7972

大阪に着き、午前中は不動産屋さんとオウチの内覧回り。

部屋は狭いけど、便利そうなシェアハウスが見つかりました。

午後から会社の社長、スタッフ、関係者と再度面談。

「なおちさん、1日から給料発生してますんで。で、家は見つかった?」

「え・・・sign02

そうです。僕、すでに社員になっていたそうですsweat02

内定の連絡しかもらっていなかったから、てっきり入社日を調整するために大阪に呼ばれたと思っていたのですが・・・。

いや~ほんとにビックリですcoldsweats01

寝耳みみみにミミズ。

とは言ってもその日から働けってわけではないんで大丈夫なんですけどね。

面談後、ツアー企画者である3社での会議に参加。

なんだか面白そうな話でいっぱい。

そして、さすが大阪。くだらない話がどんどん出てくるcoldsweats02

「ウンコは水で流されると20メートル以内で溶けるらしいで!」とか

「そりゃウソやわ!うちの子がお風呂でウンコしたときなんて、シャワーで無理やり流そうとしてもナッカナカ排水溝に流れへんかったんやから!」

とか・・・。(大阪弁は適当に思い出して再現しております。)

もちろんこれも仕事と全く関係ない話ではないんです。一応。

白熱の会議の後は、飲み屋へGo!

事業に対する各々の熱い熱い想いを聞くことができました。

そして、その日の深夜発のバスで再び横浜へ....ピュ~bus

往復ともに東名高速の集中工事のおかげでいつもより時間がかかりました。

さすがに、バス泊・大阪・バス泊で疲れました。

横浜に到着してすぐ、実家にも帰らずハローワークへ。

「就職しました。ってか、知らないうちに就職してました。」という報告と手続き。

めちゃめちゃ混んでいて、待っている時間に眠ってしまいそうでした。

雨のみなとみらい。

僕の大好きな横浜。

ジャックに

Dscf7978

クイーン、

Dscf7984

そしてキング。

Dscf7988

横浜三塔。

この三塔を同時に見渡せる場所が横浜に3ヵ所あるそうです。

3ヵ所全てを巡ると願いがかなうというウワサも。

クイーン&キング

Dscf7986

せっかくの横浜なので、赤レンガまで行ってお買いものをしてきました。

アンディー・ウォーホルのセルフポートレートでデザインしたハンチング帽。

Dscf8030

新しい職場は大阪、心斎橋。(今月下旬から阿倍野に移転予定)

スーツじゃなくて私服だから、ちょっとはオシャレに気をつけようと思います。

最寄り駅から実家まで、雨上がりの帰り道をキンモクセイのせつない香りを感じながら歩いて帰りました。

Dscf7995

Dscf8003

Dscf8009

Dscf8014

Dscf8026

Dscf8028

そう言えば、帰国してすぐの頃に“キンモクセイの香りがするまでには就職したいなぁ”なんて思っていたような気がします。

あの時の自分と今の自分。

何か変わったのだろうか。

Img_0195

思い出の砂時計は“あの時”と変わらず今も動き続けていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

4年間5年間という年月

朝6時に寝て、先ほど起床いたしました。

人気ブロガーさきっちょさんがブログの中で彼氏さんからプロポーズがあったことを報告していました。(http://sakiccho.cocolog-nifty.com/

4年9ヵ月付き合っているそうです。

なるほど、プロポーズというものはこうゆう風にするもんなんだなぁと感心しました。

そして、自分は女の子に嬉し涙を流させるほどのことをしたことがないなぁと反省しました。

何気ない日々が続けばそれで僕は十分幸せだったけれど、女の子はときどきサプライズ的な出来事とか感動する出来事がないと不満なのかもしれない。まぁ人にもよるのかな。

結婚かぁ・・・。

僕はいつか自分に子どもができたら付けたい名前があります。

子どもは3人で、女、女、男。

長女は、はなちゃん。

次女は、ゆめちゃん。

末っ子は、小太郎。

友達からは、「全部犬の名前みたい」とか「ハナちゃんが大人になって花田さんて人と結婚したら、花田ハナになっちゃうよ」とか「ゆめちゃんってちょっとキャバ嬢っぽくない?」とか言われますが、はなちゃん、ゆめちゃん、小太郎と楽しい日々を送りたいと思います。

Cocolog_oekaki_2009_10_04_14_03

また、無駄に妄想・・・。空しい妄想・・・。

今夜の夜行バスで再び大阪に向かいます。

会社と今後について話をするのと、おうち探し。

プラプラなおちのオウチさがし。

Dscf6995

| | コメント (4) | トラックバック (0)

月とサッカーボールの25歳

10月3日。十五夜ですfullmoon

みなさん、お月見はしましたか??

Dscf7955

僕は4日の明け方4時に家の前の公園でお月見をしました。

Dscf7958_3

今日(3日)はプチ同窓会がありました。

高校の同級生シカちゃんが来週からブラジルに転勤になるということで、横浜で壮行会が開催されました。

クメちゃんの提案で、シカちゃんが絶対使わないであろう、そして荷物としてもかなりかカサばるであろうサッカーボールをプレゼントすることに。

ボールにみんなからのメッセージ。

Dscf7821

Dscf7828

大半はくだらないメッセージばかり。

10人以上集まったのですが、中には卒業依頼の再会だった人もいました。

医者の玉子もいれば、ソニーで働いているやつ、建築の設計をしている女の子、いろいろいます。

みんなそれぞれの道を進んでいます。

みんなそれぞれ、カッコイイ大人への道を歩んでいます。

そして、中には相変わらずなヤツもいます。

いや、むしろみんな相変わらずだったのかも・・・。

↓ブレイクダンスではありません。逆立ちです。

Dscf7939

僕はどんな道を進んでいるだろうか。

とりあえず、2次会では爆睡してました。

Dscf7953

そして最後に気づきました。

“高校時代にも感じてたけど、高校時代の同級生ってなんか距離感つかみにくいな。なんて言うかノリが合わない”

前の会社の同期に対してもそんな感じを持っていた気がします。

きっと僕は優等生集団が苦手なんでしょう。だから“大手”とかはあんまり似合わない。

現在4日の朝6時。近所のお寺の鐘が鳴っています。

〆のラーメンも食べたし、そろそろ寝ようかな。

Dscf7963

おやすみなさいnight

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

飲みながら語る

リオで良かった。

非国民と言われてしまうかもしれないけれど、先進国はもういい。

なんでもかんでも手に入れようなんてしないで、どんどん後進国にチャンスを与えるべきだと僕は思います。

さて、話は変わりますが、昨日地元の友人と飲んできました。

中高一緒だった友人で、中学の時は一緒の水泳部でした。

先日僕が面接を受けるために大阪に行く途中、地元の駅でバッタリ再会。

大阪から帰ってきた日にも、同じ地元の駅でバッタリ再会。

数年ぶりに話をしたと思う。

聞けば、今年から中学校の先生をしているとのこと。

偶然の再会、偶然僕も教師に興味を持っていて、その友人は教師をしている。

こうゆう偶然が起きたときは何か意味があるんです。

で、せっかくの機会だったので中学の先生とはどんな職業なのか教えてもらうため、予定を合わせて飲みに行ったというわけです。

授業の話、同僚の話、部活の話、生徒の話、教育の話、学則の話、雑用の話・・・・

たった半年なのにこれだけの話題が出るんだからすごいと思いました。

ビジネスとしての仕事ではないから「自分の仕事は○○です。それ以外は他部署の仕事です。」といった感じではない。もちろん役割分担のようなものはあるのだろうれど、それよりも“生徒に関わることは全て!!”といった印象を受けました。なにか問題があればすぐに家までかけつける!ぐらいの感じです。

生徒のことをしっかり見て、熱い気持ちを持ちながら冷静に対処し、時には感情的に叱り、大人の世界の理不尽なことにも耐えていく。

自分が中学生だったときを思い返してみると、先生が毎日何を考え、どんな苦労をしていたかなんて考えたこともなかった。でも、きっと僕らの先生は僕らの知らないところでいろんな苦労や努力があったのだろう。

その友人は教師になってまだ半年にも関わらず、僕から見ると立派な“先生”になっていました。

次は小学校の先生にインタビュー!!

かな??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

夢ドリーム

夢という日本語。

寝ている時に見る映像のことを夢と言う。将来実現させたい事柄のことを夢と言う。

DREAMという英語。

寝ている時に見る映像のことをDREAMと言う。将来実現させたい事柄のことをDREAMと言う。

睡眠中に見る映像と、将来実現させたい事柄、この二つは全く違うモノなのに、日本語でも英語でも1つの単語でそれらを表すことが不思議だと思う。

勝手にその理由を想像してみる。

その1

将来プロ野球の選手になりたい少年がいるとする。その少年はご飯を食べている時も、テレビを見てる時も、お風呂に入っている時も野球のことばかり考えている。

そんな少年は覚醒時に考えていることが影響して、寝ている時も脳が野球のことを考えている。そして、自分がプロ野球選手になっている映像を見る。

だから、どちらも「夢」と言う。

もともと「夢」という言葉は「将来の夢」という意味で使われており、「将来の夢」を考えている時間が多いために、寝ている時にも映像として現れることが多い。だから寝ているときに見る映像のことも「夢」と言うようになった、という考え方。

その2

将来大金持になりたいと考えている少女がいるとする。その少女はご飯を食べている時も、テレビを見てる時も、お風呂に入っている時も大金持になることばかり想像している。

何をしている時でも、実際に目で見ている現実世界ではなく、頭の中で想像している映像ばかりを見ていることが、覚醒中にも関らずまるで睡眠中の夢を見ているようだから、どちらも「夢」と言う。

「夢」という言葉は、そもそもは「寝ている時の夢」という意味で使われており、覚醒時であるにも関わらす、将来なりたいものを想像しているときは実際に目で見ている映像ではなく脳が描く映像を見ており、その行為がまるで寝ているとき映像を見るのと同じような行為であるため、将来のイメージを「夢」と言うようになった、という考え方。

その3

優柔不断な男がいるとする。その男は漠然と「将来はこんな風になっていたいな」と考えているが、具体的に何になりたいかハッキリしていない。

そんな彼はよく寝ている時に不思議な、そして妙にリアルで意味あり気でしかも自分が成功する映像を見ることが多い。彼はその映像の意味を自分なりに考え、現実世界でもその映像が指し示す方向へと行動を進めていく。

すると、その男はなんとなく自分が描いていた将来像に自分が近づいていることに気付く。

夢という言葉は、そもそも「寝ている時の夢」という意味で使われていたが、その夢というものは実は自分が将来実現させたい事柄や、自分が本当に望んでいた道を指し示してくれることが多いため、「将来を予知する夢」ということから徐々に意味が転じて「将来の夢」という意味でも使われるようになった。という考え方。

ん~。結局答えはちゃんと調べなきゃ分からないですねsweat02

個人的にはその3の考え方が一番好きです。(って、全部自分で考えたんですが・・・)

ご存じの方いらっしゃいましたら、ご連絡くださいませ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

振り返ってみる。

10月になりました。

僕が東南アジアから帰ってきて2回月が替わりました。

さすがにもうセミは鳴いていません。

仕事も決り、少しずつバタバタしてまいりました。

お酒の量はだいぶ減りました。

タバコをガンガン吸うようになりました。

ビーサンを履かなくなり、靴を履くようになりました。

悲しくて涙を流した日もありました。

一日中寝ている日もありました。

世界陸上を見て不規則な生活をしているときもありました。

喘息の発作で死にそうになった日もありました。

一生懸命、旅のアルバム作りをしている日もありました。

Img_0138

Img_0143

犬の散歩ばっかりしてるときもありました。

Img_0186

何気ない光景に幸せを感じるときもありました。

Img_0189

サーフィンも行きました。

Img_0147

これらの出来事がどんな順序で起きたのか曖昧になってしまうくらい、僕の頭と気持はこのわずかの時間の中で激しく動いていました。昨日の自分と今日の自分が別人なんじゃないかと思うくらい心が一所に収まっていませんでした。

10月。

次なるステージへと進みます。

きっとこの先も色々な出来事が起こるはず。

きっとこの先はもっと一所に留まっていられなくなるだろう。

人生というものは、導かれていくものだと僕は思っている。

もちろん努力をしていれば、という前提で。

今は目の前のことに全力を尽くそう。

全力を尽くさなければ、その先の道へも導かれていかないから。

アルバムは、最後の最後のページのところでずっと作業が止まっている。

いつか、このアルバムを開く勇気が持てるようになったときに完成させよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »