学問・資格

2009年9月14日 (月)

一歩前進(国内旅行業務取扱管理者試験を終えて)

2009年9月13日(日)

人生初の国家資格試験を受けましたpencil

Img_0175_2

「国内旅行業務取扱管理者」

国内旅行を取り扱う旅行業者の営業所には必ず1人以上はいなければならないと定められている資格です。

年齢、性別問わず誰でも受験できます。

(ちなみに海外旅行も取り扱う営業所では「総合旅行業務取扱管理者」の有資格者が必要です。)

偶然にも試験会場は僕の母校。

Img_0178_2

赤煉瓦と蔦の校舎。懐かしい。

僕はこっちのキャンパスではなくて、埼玉県のキャンパスでしたが・・・。

探検部のミーティングでこちらにも通っていました。

試験内容は3科目。合格率は約30%。

合格得点ラインは一般的に各科目60%以上と言われています。

試験後、早々にネットで解答速報が出ていたので自己採点をしてみました。

1科目目、旅行業法及びこれに基づく命令

・・・100点満点中64点。

2科目目、旅行業約款、運送約款及び宿泊約款

・・・100点満点中60点。

3科目目、国内旅行実務

      (イ)運送機関及び宿泊施設の利用料金その他の旅行業務に関連する料金

      (ロ)旅行業務の取扱いに関する実務処理

・・・100点満点中70点。

sign01これはsign03もしかしてsign02

合否の結果発表は11月なのでまだ分りませんが、もしかしたら合格したかもしれません。

合格ラインが60%というのは一般的な話であって、正式に公開されてる基準ではありません。

かな~りギリギリなんで運が良ければ受かるかも、ぐらいですsweat01

そもそも全くの見当違いで、合格ラインが80%以上とかだったらもうアウトですwobbly

旅に出る少し前に古本屋で100円で買った4年前の参考書とインターネットで閲覧できる過去問だけで、まともに勉強できたのは帰国後の1ヵ月で、さらにここ1週間は気持ちがどん底まで落ちていたから全くと言っていいほど勉強が手につかなかった。試験会場に向かう電車の中でも参考書ではなくて、高橋歩さんの写真集を読んで明るい気持ちになろうとしてた。

そのわりには自分的には健闘しました。

もともと来年が本番のつもりで受験したので、落ちてもそんなにガッカリしないけど、ちょっと希望が見えてしまったので妙に期待してしまいます。

旅行業法の目的として定められていないものは?

JRの乗車券の払い戻し手数料は?

フェリーの手荷物の規定で正しいものは?

新幹線と在来線特急と地方交通線を利用する2泊3日のツアー。往路が通常期で復路が繁忙期。

このときの鉄道の往復運賃は?往復の特急料金は?

旅行者が貸切バス5台を予約し、出発の2日前に2台をキャンセルしました。この場合の違約金の計算方法は?

○○橋―△△駅の組み合わせと言えば、JR何線??

○○県の△△祭りは何月のお祭り?

○○年に世界遺産に登録され、△△等の多様な動植物で有名な所は?

・・・

だいたいこんな感じの問題です。(全問選択マーク式)

わずかばかりですが駅員として運賃・料金の勉強をしていたことや、自転車で日本を旅したり四国や沖縄を旅した経験、旅好きな仲間との会話から得た知識、それらが大いに役立ちました。旅の経験がなければ「錦帯橋」とか「天城峠」とか「桂浜」とか「土讃線」とか言われても僕にはさっぱり分らなかったと思います。たぶん本で読んでもすぐに頭から抜けていただろうと思います。

試験を終えて気づいたのは、やっぱり僕は旅が好きなんだなぁということです。

試験が面白くて仕方なかったです。

それと、何かに集中できるということはとても気持ちが良いことだ、ということです。

大学受験の頃を思い出しました。

そんでもって、参考書(古本)一冊だけの独学というスタイルは間違ってなかったんじゃないか、高いお金を出して学校に行ったり通信教育を受けなくても、やり方さえ自分で見つけられれば何にでもなれるんじゃないか、ということ。もちろんそうじゃないこともたくさんあるけど。

この試験のおかげで、ほんのちょっとだけ前進できたような気がします。

旅と母校に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)