旅行・地域

2009年10月11日 (日)

いざ大阪!!

現在11日21時8分。

2時間後の夜行バスで大阪へ向かいます。

いざ大阪sign03rock

昨日はRさんと横浜ベイサイドマリーナでお買い物をしました。

Img_0221

そしてクライミングウォールに挑戦する少年を応援しました。

Img_0225

夜には、幼馴染のシンペイとライブバーで飲み、

その後、二人で横浜駅に向かい、大阪で知り合ったドイツ人リンダとその友達の陽気なイタリア男達と酒を酌み交わしました。カラオケでエヴァンゲリオンの歌も歌いました。

Img_0237

今日は昼に荷物を大阪へ送り、夕方、家族4人で焼き肉をガッツリ食べ、ビールを大ジョッキでガンガン飲みました。

Img_0243

さぁ、いざ大阪sign03

再び旅立ちの時だsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

出会いは宝です。

中国の南、タイの北。

ラオス。

そんなラオスで知り合ったタッチャンと横浜で飲んできましたbeer

Dscf8045

Dscf8047_2

↓ラオスで知り合った時はお互いこんなんでした。(ちょっと加工してますcamera

Dscf4937

タッチャンも僕も将来、ゲストハウス(ユースホステル的な安宿)を開くという夢がある。

タッチャンは京都で、僕は横浜か沖縄だ。

旅人が集い、交流し、それぞれの人生に少しずつ影響を与えて、それぞれがまた自分の道を進んでいく。僕は旅人たちの居心地に気を配り、旅人同士の交流をちょっとだけサポートする。ときには僕も一緒にお酒を飲んじゃったりなんかして。

そんな場を作りたいんだ。

僕は今、かな~り遠回りコースを通っているからタッチャンに先を越されそう。

20年後か30年後くらいに、「たつろう師匠!ゲストハウスの開き方を教えてください!!」なんて頼み込んでいるかもしれない。

同じ1984年生まれ。

現在2009年、25歳。

20年後、2029年、45歳。

30年後、2039年、55歳。

どんなオヤジになっていることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

大阪 安宿 バックパッカー

面接のために訪れた大阪。

でも、せっかくの大阪。

Dscf7690

宿はビジネスホテルではなくて、外国人旅行者の集うゲストハウスにしました。

部屋は個室ではなくドミトリー。相部屋です。

アメリカ人がいたり、ドイツ人がいたり、イギリス人がいたり。

日本人の宿泊客は僕一人でしたcoldsweats01 

Dscf7653_2

内装がとてもきれいで、スタッフもとても親切です。自転車も1日500円で借りられます。

外国人が多いけど、日本人にもかなりオススメです。1泊2500円。

↓JR福島駅(大阪駅の一駅隣)の近くのこんな感じの商店街にあります。

Dscf7652

「売れても占い商店街!!」

さすが大阪。ネーミングセンス抜群ですねsweat01実際に占い屋さんが集まっている商店街です。

夜は宿直スタッフの方に就活相談や人生相談を聞いていただいて、いろんなアドバイスをいただきました。もしやこのスタッフさんも占い師eyesign02

60歳だそうで、色々な経験をされている方でした。

その後、共用スペースのテレビ部屋でドイツ人の女の子と夜中の3時頃まで話をして過ごしました。

camerashine福島・野田周辺の散策風景shinecamera

↓う~ん・・・なんの花だろう・・・??

Dscf7655

↓お昼は立ち食いカレーを食べました。ミンチカツ(たぶんメンチカツのこと?)乗せです。

Dscf7663

↓こんな感じの路地のお店です。ちょっと怪しい雰囲気の路地でしたが、せっかくなので入ってみました。 

Dscf7665

↓赤バスってなんだろう???

Dscf7673

↓見つけた!これが赤バスだ!!

Dscf7694

↓いつの間にやらもう彼岸花の季節なんですね。

Dscf7672

↓夜は新世界で友達と串カツを食べました。

Dscf7684

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

沢木耕太郎さんトークショー(旅行博にて)

東京ビッグサイトに行ってきました。

Dscf7466

旅行博が開催されており、僕の目的は沢木耕太郎さんのスペシャルトークショー。

バックパッカーのバイブル『深夜特急』の作者です。

僕は学生時代に旅に出るようになってからこの作家の存在を知ったのですが、僕よりも上の世代のバックパッカーには、『深夜特急』の影響で旅に出たという人が結構いたりします。

Dscf7529

写真を撮るタイミングが悪かったせいか、新興宗教の集会みたいな絵になってしまっておりますが、あくまでも作家さんのトークショーですcoldsweats01

「旅に出ると偶然の出来事がたくさん起こる。それは全ての旅人に平等に与えられているのだと思う。でも、その偶然に対して自分がどう振舞うか、どう対応するかによって旅が面白くもなり、そうでなくなる場合もある。たとえば、道を歩いていて突然知らない現地人から声をかけられた。それに対して恐い恐いと言って拒絶するのか、それとも恐がらずに会話をするのか。会話をすることによって、現地の面白い情報を教えてもらえたり、家に招かれて食事をご馳走になることもある。偶然に対してうまく対応できると、良い偶然が次から次へとやってくる。そうしたら旅はすごく楽しくなる。ただ、どんなレベルの偶然まで自分が対応しきれるのかを知っておく必要はあるけどね。」

そんな内容の話も出てきたので、「うん。分かる!ってか正に俺が考える旅の醍醐味はそれだ!!」と思いました。

他の作家さんの話をあげて「近所のタバコ屋に行く道でさえも旅である」という話も。

実際に旅に出られなくても、日常においても心のアンテナを高く立てて、ちょっとした出来事や偶然に対しての感受性を持てるように心がけていれば、家から数メートルしか離れていないタバコ屋までの道でさえも旅のように楽しくなる。といった内容です。

ふむふむ、なるほど。

良い話を聞けて、満足な一日でした。

↓旅行博会場の様子です。旅行会社や各国の観光協会が出展していました。

Dscf7516

Dscf7515

Dscf7537 

Dscf7524

↓ベルリンの壁

Dscf7548

| | コメント (0) | トラックバック (0)